runinbune edo katanoysoujiyou

ISBN:

Published: November 23rd 2012

Kindle Edition

40 pages


Description

runinbune edo  by  katanoysoujiyou

runinbune edo by katanoysoujiyou
November 23rd 2012 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, talking book, mp3, RTF | 40 pages | ISBN: | 9.23 Mb

小伝馬町の牢屋同心坂田平左衛門は、伊豆諸島への流人船警護衆の長となが、流人のなかに、蝦夷地探検で名高い近藤重蔵の長子富蔵がいた。同じ漢学塾で平左衛門より五つ先輩の重蔵は、二十二歳の若さで長崎奉行出役に抜擢されると、勘定役そして書物奉行にまで登りつめた。しかし、傲慢不遜で激しい気性が禍して非役となった重蔵は、鎗ヶ崎の別荘に隠棲しようとするが、元地主で地続きに住む塚越半之助に邪魔される。父の重蔵に愚か者呼ばわりされつづけ、勘当同然で越後の寺に預けられていた富蔵は、これを機に父に認められようと、半之助一家七名を殺傷する。狼藉を働いた百姓を切り捨てたに過ぎず、謹慎かお叱りおく程度ですむはずなのに、幕府要人たちの重蔵に対する嫉妬や遺恨のために、富蔵は八丈島へ流罪、重蔵も江州大溝藩にお預けとなる。父のために人殺しまでして島送りになった富蔵が、平左衛門は気の毒でならない。当初直参旗本の子と威張って心を開かなかった富も、船上で話しかけるなどしているうちに、次第に打ち解けてくる。 三宅島に上陸後、以前から三宅島にいた流人の妻(水汲女)が、幼い娘二人を道連れに海に身を投げる。溺死した母親にすがる幼子|



Enter the sum





Related Archive Books

  1. 05.10.201240 Microcuentos
  2. 17.10.2013E solo sesso?
  3. 13.08.2013Woof!


Related Books


Comments

Comments for "runinbune edo":


tvmsosnicowice.com.pl

©2009-2015 | DMCA | Contact us